八つ橋 種類

生地を焼いて仕上げた八つ橋

八つ橋と五色豆 京都 春の庭園

 

 ほのかなニッキ風味の八つ橋と五色豆。今も昔も変わらぬ人気です。

八つ橋商品の種類

八つ橋33枚 八つ橋42枚 八つ橋57枚

 

 八ツ橋 33枚 648 円(税込) 600 円(本体価格)

 八ツ橋 42枚 864 円(税込) 800円(本体価格)

 八ツ橋 57枚 1,080 円(税込) 1,000 円(本体価格)

 

 主に米粉・砂糖・桂皮を練り混ぜた生地を焼きあげ仕上げた、京都の昔ながらのお菓子です。八つ橋は、琴の演奏家・作曲家でもある八橋検校(やつはしけんぎょう)を偲んでつくった琴のような形のせんべいです。

 パリッとした口あたり、ニッキ風味が奥地いっぱいに広がります。八つ橋商品は上記三種類を取り扱っています。

八つ橋と五色豆の組合せ

八つ橋・五色豆21枚+80g 八つ橋・五色豆27枚+190g 八ツ橋・五色豆の箱

 

 八つ橋・五色豆詰合せ 21枚+80g 648 円(税込) 600 円(本体価格)

 27枚+190g 1,080 円(税込) 1,000 円(本体価格)

 

 五色豆は昔ながらの、八つ橋との名コンビ。 八つ橋と五色豆の詰め合わせも二種類取り揃えています。

 

京都嵐山 渡月橋